食事療法

アレルギーは体内の免疫の異常反応により起こります。免疫の異常反応は薬での治療は難しく、体質を改善することで、異常反応を抑えることが期待できます。
アレルギーの症状を抑えるのに良いとされている食材で、体質改善を図りましょう。

体質改善が期待できる食材

アトピー性皮膚炎の症状、原因は人それぞれ違いますので、一概に何が良いとは言えない部分があります。

しかし、大多数の人が効果を感じた、理論的にも体内環境を改善する作用が確認されている食材はあります。

乳酸菌

誰でも聞いたことのある乳酸菌。
乳酸菌は腸の働きを助けるということで知られておりますが、近年抗アレルギー作用があることもわかってきております。

Th1細胞とTh2細胞

免疫機能を調整する細胞にはTh1細胞とTh2細胞とありまして、二つの細胞がバランスよく働くことにより、免疫は正常に働きます。

Th2細胞が強く働くとIgE抗体が多量に生成されアレルギー反応を起こしてしまいます。
アトピー性皮膚炎の人はTh2細胞が優位な状態であると言えるのです。

これをTh1細胞が優位な状態にすることにより、免疫機能がバランスよく働き、アレルギー反応が起きないようになるのです。

乳酸菌はTh1細胞を優位にする働きが確認されておりまして、Th1を活性化することでTh2とのバランスを取り、正常な免疫反応が期待できるのです。

乳酸菌の含まれている食材

乳酸菌を含む食材として一番に頭に浮かぶのがヨーグルトだと思います。

ヨーグルトの中でも特にTh1を活性化する種類などもあり、また通常のヨーグルトでも整腸機能による便通の改善などが期待できます。

ヨーグルトの他には、キムチや味噌などにも乳酸菌が含まれておりますので、普段の食事に付け足すことで、違和感なく乳酸菌を接種することができます。

納豆やキノコ

Th1とTh2のバランスを正常にする働きがある食材として、納豆菌やキノコ類も確認されております。

納豆は大豆アレルギーの人は食べることはできませんので注意が必要ですが、食材が増えることで普段の食事に組み込みやすくなります。

お茶

お茶にも抗アレルギー作用があると言われております。

しかし、お茶にも様々な成分を含んだものが有り、どんなお茶でも良いという訳ではないようです。

甜茶

甜茶に含まれるポリフェノールには、アレルギー反応の原因でもあるヒスタミンを抑える作用があり、現在出ている症状を抑える力も期待できます。

シジュウム茶

あまり聞き慣れない名前ですが、一般的にはグァバ茶と呼ばれることが多いようです。

シジュウム茶に含まれているタンニンが甜茶のポリフェノール同様に、アレルギーを抑える作用があることが解っております。

また、抗菌作用も期待できアレルゲンとなり得る細菌やウィルスの除去の手助けにもなります。
また、Th1とTh2のバランスを保つ効果も期待できるようです。

紅茶や緑茶

紅茶や緑茶にはアレルギー反応を抑えるような効果はまだ確認されておりませんが、カテキンによる抗菌作用はタンニンと同様に期待できます。

また、ビタミンCには肌を綺麗にする、皮膚を保護するバリア効果を正常に保つなどの効果もあります。

肉よりも魚、魚よりも野菜

タンパク質はアレルゲン?

肉や魚にはタンパク質が含まれております。
タンパク質は分解されアミノ酸として体に吸収され細胞を形成する成分となる、生きていく上では必須の成分です。

しかし、タンパク質は分解されずに腸で吸収されることで、IgE抗体と反応するアレルゲンとなり得るのです。

アレルゲンとされる卵や牛乳、ダニなどは含まれているタンパク質によりアレルギー反応が起こってしまうのです。

分解されたタンパク質が大事

必須のタンパク質でアレルギー反応が出てしまうという矛盾なのですが、胃で正常に分解され、腸で不必要に吸収されなければアレルギー反応は出ないといえます。

胃や腸の働きを良くする食材としては食物繊維がありまして、多くの野菜には豊富な食物繊維が含まれております。

キャベツを食べることでアトピーの症状が治まるということは良く聞く話です。

分解されやすいタンパク質を摂る

農耕民族である日本人は欧米人に比べると肉や牛乳を消化する力が弱いという話を聞いたことはありませんか?

お肉には多くのタンパク質が含まれておりますが、肉のタンパク質は魚のタンパク質よりも分解されにくいということが解っております。
アトピーの人が肉を食べることで症状が悪化してしまうということも良く聞きます。

そこで消化されやすい食材からタンパク質を摂ることで、健康を維持しつつ症状を出さないようにすることが可能なのです。

魚のタンパク質は肉よりも分解されやすい事がわかっており、アジやイワシなどの青魚には肉に勝とも劣らないタンパク質が含まれております。

また、納豆やキノコ、海藻などにもタンパク質は含まれております。

体質改善が期待できる食材

上記でお肉のタンパク質が分解されにくいとご紹介しましたが、いくら分解されやすいタンパク質を含む食材でも食べ過ぎては意味がありません。
また、特定の食材だけを食べるのでは栄養のバランスが崩れてしまいます。

お肉が食べたくなる時がありませんか?
我慢し過ぎてストレスが溜まってしまっては、症状の悪化に繋がります。

そういう時は、食べ過ぎずに消化の良い物と一緒に、良く噛んで適量を食べることで、満足感を得ることができますよね。

肉や大豆でアレルギー反応が出る場合以外は、あまり根を詰めて考えずに、上記のことを頭の片隅に置きつつ、バランスの取れた消化に良い食事を心がけてみてはいかがでしょうか?