ステロイドについて

アトピーの治療として長年利用されているのがステロイドです。炎症を抑える力が強くアトピーの症状緩和には最適な薬なのですが、最近では副作用の心配からか脱ステロイドという言葉を良く聞くようになりました。 ステロイドとは使用してはいけない危険な薬なのでしょうか? ステロイドがどういう薬なのか、また正しい使い方や、副作用を知り納得したうえで使用することが大切だと思います。

ステロイドとは

ステロイドとは人体にて生成されるホルモンであり、副腎という臓器の周りにある副腎皮質から分泌されます。

副腎皮質ホルモン(副腎皮質から分泌されるホルモン)には炎症を抑える、免疫を抑制する作用があることから、それを人工的に合成したものをステロイドと呼び、アトピー性皮膚炎はもちろん、喘息などにも使われている薬です。

外用薬と内服薬

アトピー性皮膚炎に対しては、重症化した場合に内服薬を使用する場合もありますが、主に外用薬として使われ、副腎皮質ホルモン外用薬をステロイドと呼ぶ場合が多いようです。

ステロイドとは

ステロイドは副作用がありますが、正しい使い方をすることで、副作用は起きることは無く、もし副作用が出たとしてもステロイドを使用せずに処置することで元の状態に戻ります。

現在イメージの悪いステロイドですが、間違った使い方をしない限りはアトピー性皮膚炎の症状抑える最適な薬なのです。

医師との大切な会話

薬の処方を受ける場合、医師からステロイドの強さ、適切な試用期間、使用できる体の部位などを確認するように心がけましょう。
医師は症状と、症状の発生している場所を確認したうえで薬の強さ、試用期間を決めます。

また、疑問に思うことや不安があれば聞くように心がけましょう。

もちろん自分でも調べるということも大切だとは思いますが、不安に思っていることは治療に影響するかもしれませんし、疑問に思うことを聞くということは、医師に本当に治したいという自分の意思表示でもあると言えます。

ステロイドの種類

ステロイドは効果の強さ・ステロイドの含有量により1群から5群までの5段階に分けられております。

1群が最もステロイドの含有量が多く(効果の有る)、5群が最も効果が弱くステロイドが含まれている量も少なくなります。
5群の効果が弱いとはいえ、軽度の症状(薬に見合った症状)の場合には絶大な効果を発揮します。

ステロイドを塗る量

外用薬のステロイドには強さのタイプの他にも形状により、軟膏、クリームタイプ、ローションタイプなど様々なタイプがあります。
一般的には軟膏タイプのものが多く使用されておりまして、適切な量を使用しなければ効果を得られない場合があります。

ステロイドを塗る場合、肌にすり込むように塗るのではなく、肌を覆うようにある程度の厚みを持たし、伸ばして塗るようにしましょう。

量の目安

軟膏を自分の人差し指の第一関節の長さまで出した場合、両方の手と同じぐらいの面積に塗ることができる量となります。
これは子供でも同じなので薬を塗る際の目安としましょう。

大人の場合、指の第一関節までの長さで約0.5グラムとされておりますが、あくまでも目安です。
強いステロイドの場合は、一回の使用量をグラム単位で指定される場合もありますので、その際には使用方法を医師に相談するようにしましょう。

部位により違う吸収量

アトピーは発生しやすい部位はありますが、全身のどこにでも症状が現れる可能性があります。

皮膚は部位により厚さに違いがありまして、ステロイドの吸収する度合いが変わってきます。医師が症状の他に、部位によっても薬を変える場合があるのはその為です。

腕の吸収量を1とした場合、手のひらは0.8、額や首が6、後頭部が3.5、頬が13、足首が約0.4、足の裏では0.1などと違いがあります。

腕に処方された薬を独自の判断だけで顔や首などに塗ることは、量や期間を守っていたとしても適切な使い方とは言えないのです。
そもそも顔部分にステロイドはできるだけ使用しないようにされております。

ステロイドの副作用

適切な使い方をすることにより、顕著に副作用が出ることはありませんが、期間や使用することができる部位を守らなかった場合には副作用が出る可能性は高くなります。

しかし、副作用はステロイドの使用を中止して、適切な処置をすることにより重大な疾患に成り得ることはありません。

ステロイドの副作用としては以下のような症状があります。

・皮膚が薄くなる(皮膚萎縮)
・皮膚が白くなる(色素脱失)
・感染症の発症率が高くなる(ステロイドによる抗体の過剰な反応を抑えるため)
・皮膚近くの血管壁が弱くなる
・皮脂の分泌が活発になる

ステロイドの使用期間

ステロイドは患部の状況に応じて薬の強さを変えることはご紹介しました。その症状に見合った強さの薬であれば、目に見えて症状は改善に向かいます。

しかし、症状に見合った強さの薬でなければ、改善が見られない場合があります。使用期間はせいぜい1週間から2週間として、症状の改善が見られない場合は再度の診察をお勧めいたします。

ステロイドは長期間使用するための薬ではないのです。