治療について

アトピー性皮膚炎は原因が明確に特定されておらず、また根本的な治療方法も確立されておりません。
自然に症状が治まる人もおりますが、基本的には症状を緩和するために治療する必要があります。
現在行われているアトピー性皮膚炎に対する治療をご紹介いたします。

症状に応じた治療法

アトピーの症状において生活に支障をきたす可能性があるのは、湿疹、痒み、乾燥であるといえます。

肌の黒ずみもアトピーの症状としてありますが、生活に支障をきたすレベルの症状ではなく、体質による部分でもあります。

湿疹、痒み、乾燥に関しましては、重症化することにより、日常的な生活を送ることが困難になる場合があります。

湿疹・炎症を抑える

顔や手など日常生活において露出せざるを得ない部分に湿疹や炎症が起こる場合、人目が気になり外に出ることが出来なくなる人がいるくらいです。

炎症を抑える主な治療法はステロイドや、タクロリムスを成分としたプロトピック軟膏による外用薬による治療になります。

内服用のステロイドもありますが、長期の使用は副作用が懸念されますので、重度の症状の場合に短期間のみ使用される場合があります。

アトピーの炎症は痒みを伴う炎症性物質(炎症性サイトカイン)が発生しやすい特徴があるため、外用薬で炎症を抑えることにより、痒みを抑えることもできます。

痒みを抑える

アトピーによる湿疹を伴った患部は強い痒みを伴う特徴があります。

痒みの原因は様々でそもそもアトピーにより、皮膚の体を保護する機能が弱まっていることから、アレルギー反応による痒みや、通常では感じない軽い刺激に対しても、強い痒みを感じてしまうなどの原因があります。

掻くことで皮膚が傷つきますので、さらに保護する力が弱まり痒くなってしまう傾向にあります。
痒みは体温の上昇やストレス、アレルゲンの接触などにより起こり、アトピーを患っている人で、夜寝る前に痒くなるのは体温が上昇するためです。

痒みを抑える治療方法としては、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの内服薬が用いられるのが一般的です。

乾燥を抑える

肌が乾燥している状態は、保護する機能が弱まっている証拠であるといえます。
乾燥し過ぎた皮膚は掻いたり触らなくとも、ポロポロと剥がれ落ちる場合や、ひどい場合は角質化しガサガサと苔癬化する場合もあります。

肌の乾燥を防ぐためには保湿する必要があり、主にワセリン、亜鉛華軟膏、親水軟膏、尿素含有軟膏、ヘパリン類似物質軟膏などの保湿剤外用薬が使われます。

炎症を起こしている箇所はジュクジュクに湿っている場合を除き、乾燥しておりますが、炎症の症状が軽い場合のみ保湿剤を使うようにして、症状が酷い場合にはステロイド軟膏を使用するようにしましょう。
症状が軽い場合は、保湿剤のみのスキンケアで症状を抑える効果が望めます。

症状に応じた治療法

上記に紹介した治療方法は症状を抑える対症療法といえまして、アトピーを根本的に治す根治療法とはいえません。

現段階ではアトピーには画期的な根治療法は存在しないのが実情なのです。

薬による対症療法は無駄なのでしょうか?

では、上記に紹介した薬を使った対症療法(薬物療法)は無駄なのでしょうか?

人目を気にするあまり外に出ることが出来なくなる人や、あまりの痒さで夜眠ることができない人などが沢山おります。

アトピーの症状の悪化要因にはストレスがあります。
人目が気になる、また我慢できない痒みなどは相当のストレスになるのです。

それらの人が日常生活を平穏に過ごすことができるようになるので、薬はとても有益であるといえます。

根本的な治療とは

ステロイドは副作用の有る薬です。しかし、それは使用上の注意を守ることにより重大な副作用にはなりえません。

アトピーの治療とは、症状が出ている場合には薬により症状を抑えつつ、生活環境や体質を改善するように努め、自分の免疫力を高めることで症状が出ない様な体にすることだと言えます。

薬による治療は、アトピーに負けない体を作るための手段の一つなのです。