アトピーに似た病気

アトピーの症状の一つとして全身に出る湿疹があります。 湿疹の種類が多数あることはご紹介させていただきましたが、湿疹が出たら全てがアトピーというわけではありません。
アトピーの症状に類似している疾患に対して、アトピーの治療を施しても症状の回復は望めない場合もあります。

アトピー類似疾患を見極める

類似疾患はアトピー性皮膚炎と一緒に併発する恐れもありますので、症状を見極めて適切な治療を受けられるようにしましょう。

接触皮膚炎

ウルシやマンゴーなどの植物や、シルバーのアクセサリーによる金属アレルギーなどにより湿疹が出る症状が接触皮膚炎です。

アトピーの人は肌が敏感になっているため、それまで問題無かった物でも湿疹が出る場合があります。症状が出た物には触れないように気を付けましょう。

脂漏性皮膚炎

主に頭部、顔に赤みを帯びた湿疹症状が出て、多少の痒みを伴う、また皮膚がポロポロとフケのように剥がれるのが特徴です。

原因は免疫力低下に伴う、皮脂とカビの異常繁殖による物とされています。
アトピーの症状と似ており、重症時のステロイドによる症状の緩和なども同様です。

カビの繁殖を抑えるシャンプーやニゾラール軟膏などで殺菌することにより、症状の抑えることができますが、免疫力を高めることが根本的な治療です。

単純性痒疹

ブツブツとした湿疹が出て、強い痒みを伴います。虫刺されやアトピーによる症状から併発する場合もある。

滲出液(かさぶたになる体液)が出る特徴もあります。ステロイドによる症状を抑えることができる。

疥癬

主に頭、顔を除く全身に症状が発症し、赤みを帯びる湿疹、細かいポツポツ湿疹、疥癬トンネルと呼ばれる線状の湿疹と共に、痒みを伴います。

ヒゼンダニという疥癬虫が寄生することが原因でして、タヌキやキツネ、また犬、猫などのペットから人へ、人から人へと感染する特徴があります。

疥癬虫を殺す外用薬や内服液、ヒゼンダニが熱に弱いことから温泉、特に硫黄泉は効果があるとされています。

汗疹

あせもと呼ばれ、大量に汗をかいた際に、皮膚の汗が出る穴(汗管)が詰まることにより、ブツブツとした多少の痒みを伴う湿疹が出ます。

患部を清潔にすることにより2,3日でほぼ完治します。

魚鱗癬

乾燥した皮膚が魚の鱗のように角質化し、鱗が剥がれるかのように皮膚が剥がれてしまうのが特徴。

主に先天性の疾患ですが、後天性魚鱗癬もあり、保湿剤により症状の緩和は期待できますが、根本的な治療法はありません。

皮脂欠乏性湿疹・皮脂欠乏性皮膚炎

皮脂腺の発達していない幼少期や、皮脂腺の機能が衰えた高齢者に多い疾患でして、皮脂不足により肌が乾燥した状態(乾皮症)になり、湿疹を伴います。

冬の乾燥した時期に多く、生活環境の乾燥を防ぐ、保湿することにより症状の緩和が望めます。

手湿疹

手が赤みを帯び、腫れ、熱を伴うこともあり、水疱ができ痒みを伴う場合もあります。

主に水を使う仕事をする人(主婦、美容師、料理人など)に多く、主婦湿疹とも呼ばれます。

皮膚リンパ腫

リンパ球が免疫異常、免疫力低下などにより悪性化してしまう。

初期は皮膚が赤みを帯びる程度ですが、その後、患部が腫れてきて、重症化すると腫瘍となることがあります。

乾癬

赤みを帯びた患部より、ふけのように落屑(皮膚がポロポロと剥がれる)する特徴があります。

症状は全身の場所を選ばず、爪が変色、変形してしまう爪乾癬もあります。

膠原病

皮膚や関節などの細胞と細胞を結合させるための膠原組織が炎症を起す事により発症する疾患の総称でして、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、皮膚筋炎、多発性筋炎、強皮症などの病気が知られています。

皮膚が赤みを帯びる湿疹や顔に蝶の形の紅斑が現れる、皮膚の硬化、関節の腫れ・変形などの症状が特徴とされています。

ネザートン症候群

毛髪に竹のように節ができる症状と共に、魚鱗癬のような皮膚疾患も伴う。
毛髪が節の部分で切れやすくなってしまう。

また毛髪だけではなく眉毛やまつ毛など全身の体毛に同様の症状、抜け落ちる症状などが発症することもある。

免疫不全による疾患

人の免疫システムの異常により正常に抗体が機能しないことで、細菌、ウィルスやカビで感染症などを発症する恐れがあります。

先天性と後天性の疾患があり、後天性免疫不全症候群(エイズ)が有名です。

アトピーとアレルギーの原因・症状について、さらに詳しく読みたい