アレルギーの起こる原因

アトピー性皮膚炎はまだ完全に原因が全て特定されていない病気です。
しかし、原因の一つがアレルギーであるということは言えます。
そもそもアレルギーとはどういったもので、なぜ起こるのかを確認し、アトピー性皮膚炎とアレルギーの関係を見ていきましょう。

アレルギーとは

アレルギー(allergy)という言葉が使われたのは1906年からで、ギリシャ語のallos(変わった、変じた)と、ergo(反応、作用)に由来されていると言われ、特定の物質に対して身体が過敏に反応を起こすことを言います。

アレルギーが起こるメカニズム

アレルギーが起きるにはその原因が必要になり、原因になる物質のことは抗原(アレルゲン)と言われます。

抗原が皮膚、鼻の粘膜、また口を通って内臓から体内に入った際に、体はその抗原の再侵入に備え抗体を作ります。

抗体には体に侵入した異物を排除する機能(免疫反応)があり、抗原が再侵入した際に抗体が過敏・過剰に働きすぎ免疫異常により、人体に悪影響を及ぼすことによりアレルギー反応が起こります。

身近なアレルギー

スズメバチに一度刺されたことがある人が、2度目に刺された時に呼吸困難等を起こす可能性があることで知られる、アナフィラキシーショックもアレルギーの一種です。

また、スギやヒノキ等の植物の花粉により、くしゃみや鼻水、涙が出る花粉症もアレルギーに分類される症状です。

アレルギーの種類

アレルギーは反応症状が現れる時間と、反応の性質などにより1型アレルギーから4型アレルギーまでの4種類に分類されます。

1型アレルギーから3型アレルギーは抗体(IgE抗体)が血液により運ばれ、4型は細胞(T細胞)と抗原による反応により症状が発症します。
アレルギー反応が現れる時間は1型から3型が早く、1型は15分から20分で反応が見られ即時型と言われます。

対して3型は3時間から8時間の間で遅発型と言われます。
4型は反応が現れるのが遅く1日から3日と時間がかかり遅発型に分類されます。

アレルギーは反応症状が現れる時間と、反応の性質などにより1型アレルギーから4型アレルギーまでの4種類に分類されます。

花粉症も含まれるアレルギー性鼻炎やアナフィラキシーショック、アトピー性皮膚炎は1型に分類されます。
どれも花粉や蜂の毒等の抗原が体内に侵入すると、すぐにアレルギー反応が出ますよね。

しかし、アトピー性皮膚炎は4型にも分類されており、抗原の特定が困難となる理由であると考えられます。

アレルギーの抗原(アレルゲン)とは

アレルギーを引き起こすアレルゲンは常に身近にあります。

家の中でしたら、ホコリやゴミなどのハウスダスト、カビ、布団にはダニやダニの糞が多いと言われます。猫や犬等のペットを買っている人はペットの毛もアレルゲンとなりえます。

また、シャンプーやボディーソープ等の日用品、卵や蕎麦等の食物や調味料等、外では花粉に細菌やウィルス、薬品や金属にいたるまで様々な物がアレルゲンと成り得るのです。

アレルゲンの特定

アレルギーの基となる上記のアレルゲンは一例であり、何がアレルゲンと成り得るかは、アレルギー反応がでない限りは完全に確認する術はないのです。

血液、皮膚、目鼻等の検査によりある程度のアレルゲンは特定することはできますが、検査で全てのアレルゲンを特定することは難しいのです。

アレルゲンを排除

生活を送る上でアレルゲンと成り得るものが身の回りに沢山あるということは、お解りいただけたと思います。
では、アレルギーを発症させないためにはどうすれば良いでしょうか?

アレルゲンと成り得る物を全て身の回りから排除すれば、アレルギー反応を起こすことは無くなると思います。
しかし、それでは生活することができません。

完全に排除しなくとも、接触する機会を減らすことはできます。ホコリやダニは掃除することで減らすことができます。

シャンプーやボディーソープは刺激の弱い物がありますし、食べ物も卵や乳製品が含まれていないか確認してから食べる等の工夫でアレルギーの発症を抑えることができます。

アトピー性皮膚炎とアレルギー

アトピー性皮膚炎に関連するアレルギーとしては、花粉症などのアレルギー性鼻炎、気管支喘息等があり、それらアレルギーの症状が出たことがある人はアトピー性皮膚炎の症状が出る可能性も高いとされています。

アレルギーマーチ

アレルギー性鼻炎や気管支喘息が発症したことがある人がアトピー性皮膚炎を発症する可能性が高いということは逆も言えまして、アトピー性皮膚炎の人は免疫異常により、アレルギー性鼻炎や気管支喘息を発症する可能性が高くなります。

このように他のアレルギー疾患を併発することをアレルギーマーチと呼びます。

増えているアレルギー発症者

近年アレルギーが発症している人が増えていると言われています。

2004年のデータですが、東京に住む3歳児の半数は何らかのアレルギーを持つとされ、2005年に神奈川で行われた調査では小、中、高校生の1割はアレルギー性鼻炎を発症しており、1995年に比べ2倍に増えているということが確認されております。

アトピーとアレルギーの原因・症状について、さらに詳しく読みたい